黒木工吉のフィギュアスケート解説ブログ

フリーライター黒木工吉のフィギュアスケートに関するブログです。最新の技術解説、選手の情報からフィギュアスケートというスポーツ全体まで様々な角度から論じてみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅田真央の革新⑥ 2009-2010FP『ラフマニノフ前奏曲Op3-2 鐘』







【前回のつづき】

それを示すために、同2007年世界選手権SPで2位につけた安藤美姫選手のプログラム『ジェエラザード』の構成を見てみよう。このプログラムはトリノで沈んだ安藤選手の復活の象徴でもあり、ファンの間でも人気の高い、名プログラムである。

① 3Lz+3Lo (トリプルルッツートリプルループ)
② 3F (トリプルフリップ)
③ LSp2 (レベル2のレイバックスピン)
④ 2A(ダブルアクセル)
⑤ SpSt4 (レベル4のスパイラルステップシークエンス)
⑥ FSSp4 (レベル4のフライングシットスピン) 
⑦ SlSt3 (レベル3のストレートラインステップ)
⑧ CCoSp3 (レベル3の足換えコンビネーションスピン)

お分かりのように、①と②で高難度のジャンプの要素が連続している。そしてスピンにおいて余り時間を取らないであろうレイバックスピンを挟んで、ダブルアクセルを跳んでいる。ダブルアクセルはシニア女子で余りミスを見ることのない、ジャンプとしては難度の低い要素である。

ちなみにこの2007年の世界選手権において、1番目の要素から3番目の要素までに、ジャンプを一つしか入れていない選手はキム・ヨナ選手ただ一人である。安藤選手の構成が、よくよく目にするSPの構成だといってもいい。

しかもダブルアクセルを、7番目に持ってきている。
ジャンプ①④⑦
スピン③⑥⑧
スパイラル②
ステップ⑤

これほどヴァランスよく各要素が配分されたSPは、今ではめったにお目にかかれない。当のキム・ヨナ選手自身も、翌年からはこういった構成を止め、ジャンプを冒頭に固めてくるオーソドックスな構成に戻している。

【つづく】

↓ブログランキング参加中!ぽちぽちしてくれるとうれしいです。↓ 
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kokichi0026.blog65.fc2.com/tb.php/7-f3c058c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。