黒木工吉のフィギュアスケート解説ブログ

フリーライター黒木工吉のフィギュアスケートに関するブログです。最新の技術解説、選手の情報からフィギュアスケートというスポーツ全体まで様々な角度から論じてみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

演技構成点は芸術点か?④







【前回のつづき】

ショートプログラム
PCS バンクーバー 女子 SP

フリースケ-ティング
PCSバンクーバー 女子 FS 


その点ではわたしは安藤美姫選手が特別優れているとおもいます。SP『レクイエム』については、安藤選手の意志をとても強く感じました。「わたしにはこの曲はこう聞こえている!」という強固な叫びです。それを彼女が自らの肉体を持って表現し、その深い説得力にわたしは涙しました。

我々は同じ楽曲を他人と共有しているときに、お互い同じ音楽を聞いているということを、厳密には証明できません。我々の音楽の感じ方はひとりひとり違うものであり、聴覚の能力にも差があり、他人に聞き取れている音が自分に聞き取れていないということも充分に考えられます。その点、我々は常に孤独なのです。

そこで、すぐれた踊りというのは、我々に音楽というものを共有させる力があるとおもいます。優れた表現によって、我々に「そうそう、この曲はこういう感じだよね!」という認識を共有させ、そこからコミュニケーションが生まれます。

安藤選手の演技にはわたしはそうさせる強い力を感じます。安藤選手の滑りを見ることで、我々は『レクイエム』の世界を隣にいる誰かと、同じ安藤選手の演技をみている誰かと語りあい、お互いに同じ音楽を一緒に聞いていることがすこし証明され、孤独はいやされるでしょう。それは安藤選手の芸術的な魂がそうさせるのです。

わたしが見るに、今回のオリンピック安藤選手は特に表現に重きをおいていたように思えます。彼女の滑りにそう感じさせるような強固な意志を感じました。ストレートラインステップに入る前の天に両手を掲げるような振りがありますが、あれを以前はもうすこし茫漠とこなしていたのですが、今回はとても力づよく、直前のやわらかな祈りを振り払うような力強さで行いました。あの瞬間にわたしは背筋がゾクゾクしたのです(カメラワークの妙もあったかもしれませんが)。

つまり、「曲の解釈」というのは簡単に扱ってはいけないような要素で、演技がうまくいったからと言って安易に高い点をつけるべきでない。しかもわたしは「曲の解釈」が優れているからといってよい必ず良い演技に繋がるかと言ったら、それは違うのではないかという気がしています。

「曲の解釈」といっても、ほんとうにひとそれぞれ好みやこだわりがあります。あるピアニストの解釈が、ひとりは「ブラヴォー」といい、ひとりは「楽曲への冒涜だ」というかもしれない。そういう危険性はフィギュアスケートにだってあるのです。

それを点数化するというのは、ナンセンス中のナンセンスです。このことをもってわたしは演技構成点を作り上げた人間を芸術的魂のかけらももっていな人間だと確信をもって断じることができます。

勘違いされるかもしれないので書いておきますと、私はキム・ヨナ選手も浅田真央選手も「曲の解釈」という意味では
優れたものを持っているとおもいます。特に浅田選手は言語感覚がすこし拙いので日本人は誤解しているかもしれないですが、彼女の感性はすばらしいものだとわたしはおもいます。音楽が鳴ると、それを言語化する時間も要さず、自らの肉体で表現する。その力はすばらしい。

しかしそれを「曲の解釈」という言語にしてしまうと、高得点にはやや疑問が残ります。やはりここは、安藤美姫やジョアニー・ロシェットやカロリーナ・コストナーにその評価を譲るべきだと考えます。キム・ヨナや浅田真央は音楽に対する感性、反応が優れているのですが、それが優れた「曲の解釈」か?というと、やはりやや疑問が残ります。

だからわたしはここはいうなれば「音楽の表現」でいいとおもうのですが、やはりそうしても「振付/構成」「演技力」との棲み分けが謎になってきます。

演技構成点というのは、かように重複するものであり、そしてどこかちぐはぐな印象の否めないものであります。しかしこういった芸術的な側面というのは採点することが難しく、それがフィギュアスケートの醍醐味であり難しさでもあります。わたしはいままでこの問題について、これといった代案をだすことができませんでしたし、今もって代案はありません。故に沈黙していたのですが、やはり、どうしてもちぐはぐなのです。故に、この記事を書いて、色々な反応をいただければと考えました。

わたしはこの問題についていちファンとして、明確にこうすべきという道を示すことができずにいます。

【了】

↓ブログランキング参加中!ぽちぽちしてくれるとうれしいです。↓ 
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村






スポンサーサイト

コメント

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1437041684

これが本当なら・・・・何も信用できません。今、ここで検証してくださってることすら無意味に感じます。

  • 2010/03/03(水) 11:55:11 |
  • URL |
  • しろくま #1wIl0x2Y
  • [ 編集 ]

しろくまさんへ

初めまして。コメントありがとうございます!

電通とキム・ヨナが繋がっている話は拝見したことがあるのですが、
信じたくない話ですよね。

さすがにジャッジ買収まではないと信じたいところですが、
やはりおかしい判定には声を上げていかなければな、とおもいました。

  • 2010/03/08(月) 21:09:54 |
  • URL |
  • 黒木工吉 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kokichi0026.blog65.fc2.com/tb.php/35-977641c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。