黒木工吉のフィギュアスケート解説ブログ

フリーライター黒木工吉のフィギュアスケートに関するブログです。最新の技術解説、選手の情報からフィギュアスケートというスポーツ全体まで様々な角度から論じてみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

速報!銀メダル獲得!浅田真央の131.72!!トリプルアクセル2度認定!!

Total Score Executed Elements Factored Program Components Deductions
131.72 64.68 67.04 0.00

Triple Axel Triple Axel 8.20 0.80 9.00
Triple Axel + Double Toeloop Triple Axel + Double Toeloop 9.50 0.20 9.70
Triple Flip + Double Loop Triple Flip + Double Loop 7.00 0.60 7.60

Flying Sit Spin Flying Sit Spin 4 3.00 0.80 3.80
Spiral Sequence Spiral Sequence 4 3.40 2.60 6.00
Triple Loop Triple Loop 5.50 0.60 6.10
Triple Flip + Double Loop + Double Loop Triple Flip (downgraded) + Double Loop + Double Loop 5.17 -0.48 4.69
Triple Toeloop Single Toeloop 0.44 0.00 0.44
Double Axel Double Axel 3.85 1.00 4.85

Fly. Combination Spin Fly. Combination Spin 4 3.00 0.80 3.80
Straight Line Step Sequence Straight Line Step Sequence 3 3.30 1.10 4.40
Change Foot Combination Spin Change Foot Combination Spin 4 3.50 0.80 4.30

Totals Executed Elements 55.86 64.68

Program Components Unfactored Score Factor
Choreography/Composition 8.45 1.60
Transitions/Linking Footwork 7.85 1.60
Interpretation 8.55 1.60
Performance/Execution 8.50 1.60
Skating Skills 8.55 1.60

Factored Program Components 67.04

対して浅田選手のジャンプの加点が2.72でした。
それ以外の加点が6.1。ここはキム・ヨナ選手を大幅に上回りました。
特にスパイラルシークエンスの加点が+2.6!!これがすばらしい。

演技構成点の得点が67.04ですので、71.04のキムヨナ選手と4点の差がありますが、やはり大きな差は技術点の差です。

浅田真央が64.68、キム・ヨナ選手が78.30。ここで13.62もの得点差が出てしまいました、、、。
浅田選手はトリプルフリップでダブル、トゥループでシングルになってしまいましたので、そこで-8点ぐらいかな?といったのがざっくりしたところですが、あれが二つ入ったとしても、おそらくキム・ヨナ選手はSPの貯金もあったので、逃げ切ったでしょうね。

つまり、過去の記事に書いたとおり、キム・ヨナ選手がノーミスならだれも勝てないのです、、、。

でも、2度のトリプルアクセル!!素晴らしいスパイラルシークエンス、そしてそして、わたしが最も感動したのは、あの凄みの伝わるほどのストレートラインステップ!!!

浅田真央はほんとうに立派にやりました。
それだけにこれほどの差がついてしまったのは、、、。

とりあえずわたしはひきつづき抜けがらです、、、。

↓ブログランキング参加中!ぽちぽちしてくれるとうれしいです。↓ 
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村







スポンサーサイト

コメント

歴史的快挙

はじめまして。どの記事も深い洞察力にウンウン頷きながら拝見させて頂いてます。浅田選手の鐘と仮面は心に響きました。何より彼女が今までこだわり続けた3Aを3回とも決めることができたことが一番うれしかった。本当に浅田真央にしか滑ることができない作品です。世界選手権ではぜひ彼女の思うままにパーフェクトな鐘を見せてほしいです。
男子も女子も不可解な点数ですが、私はあんまり気にしていません。点数なんて後の記憶に残りませんから。今でも覚えているのは伊藤みどり選手の演技であり、ヤグディンであり、プルシェンコであり。浅田選手も過去の偉人たちと並び今日歴史を作ったのです。ルールやジャッジングによってふわふわと変わる軽薄な演技を求めることなく、浅田選手とタラソワコーチは素晴らしい作品を作り上げました。彼女の歩んでいる道は困難なれど決して間違っていないと思います。これからも応援し続けます。
安藤選手、鈴木選手も自分の心のままに素晴らしい演技でした。二人とも入賞おめでとう!浅田選手銀メダルおめでとう!

  • 2010/02/27(土) 00:24:21 |
  • URL |
  • yotti #mQop/nM.
  • [ 編集 ]

yottiさんへ

はじめまして!いつもご訪問ありがとうございます!

確かにyottiさんのおっしゃる通りかもしれませんね。数字なんて人々の記憶には残らないかもしれません。数字は数字ですものね。

わたしも好きな選手の演技は点数に関係なく、いつも思いだしてしまいます。今回の浅田選手の『鐘』はまさしくそんな演技でしたね。

わたしは前もちょっと書きましたが、『鐘』はフィギュアスケートの10年先の未来をこじ開ける、すばらしい作品だとおもっています。それくらい、ある種先見的な。

なので、現代の点数制度では、評価できないのは当然かもしれません。我々の記憶のなかで語り継がれれば、いつか正当に評価される日が来るだろうと、わたしは確信しています!







  • 2010/02/27(土) 10:51:40 |
  • URL |
  • 黒木工吉 #NEB76mhQ
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kokichi0026.blog65.fc2.com/tb.php/31-e4de5494
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。