黒木工吉のフィギュアスケート解説ブログ

フリーライター黒木工吉のフィギュアスケートに関するブログです。最新の技術解説、選手の情報からフィギュアスケートというスポーツ全体まで様々な角度から論じてみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

速報!キム・ヨナの超銀河点150.06!

Total Score Executed Elements Factored Program Components Deductions
150.06 78.30 71.76 0.00

Triple Lutz + Triple Toeloop Triple Lutz + Triple Toeloop 10.00 2.00 12.00 Triple Flip Triple Flip 5.50 1.80 7.30
Double Axel + Double Toeloop + Double Loop Double Axel + Double Toeloop + Double Loop 6.30 1.40 7.70
Fly. Combination Spin Fly. Combination Spin 4 3.00 0.80 3.80
Spiral Sequence Spiral Sequence 4 3.40 2.00 5.40
Double Axel + Triple Toeloop Double Axel + Triple Toeloop 7.50 2.00 9.50
Triple Salchow Triple Salchow 4.95 1.40 6.35
Triple Lutz Triple Lutz 6.60 2.00 8.60
Straight Line Step Sequence Straight Line Step Sequence 3 3.30 1.00 4.30
Double Axel Double Axel 3.85 1.40 5.25
Flying Sit Spin Flying Sit Spin 4 3.00 0.60 3.60
Change Foot Combination Spin Change Foot Combination Spin 4 3.50 1.00 4.50

Totals Executed Elements 60.90 78.30

Music:Concerto in F by G. Gershwin

Program Components Unfactored Score Factor
Choreography/Composition 8.95 1.60
Transitions/Linking Footwork 8.60 1.60
Interpretation 9.10 1.60
Performance/Execution 9.15 1.60
Skating Skills 9.05 1.60


Factored Program Components 71.76

とにかくジャンプの加点!!
ジャンプの加点だけで12点です。
それ以外の加点が5.4点ですので、以下にジャンプの加点が凄まじいかわかります。

そして演技構成点。

曲の解釈で9.10!!
演技力で9.15!!
スケーティングスキルで9.05!!


個人的には昨年の世界選手権とほぼ同じ構成で、今回は前回入らなかったサルコウが入ったので、140点に届くくらいでるのかなぁとおもっていたら

150.06!!!

いやいや、個人的に口をつぐみたいような得点ですね。
わたしは心も体も冷え切ってしまいました、、、。

次に浅田真央選手のプロトコルを紹介してみます、、、。
わたしいま抜けがらですけどね、、、。

↓ブログランキング参加中!ぽちぽちしてくれるとうれしいです。↓ 
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメント

ぐったり・・・

はじめまして。
今日は、会社を早退して観ました。
私もキムのフリーは、ノーミスで140点位と予想していましたが、はるかに上回りましたね。なんともはや・・・。浅田選手が完璧でも越えられないとは思っていましたが、ミスしてしまいました。
それにしては、浅田選手やロシェット選手の演技点も高めだったかも。ヨナにあれだけ出してしまったから、出さざるを得なかったのでは?
この点数差により、浅田選手がスケートに対する意欲をなくしてしまわない事を祈るばかりです。
私も抜け殻ですよ~。

  • 2010/02/26(金) 15:01:42 |
  • URL |
  • dancing-gizmo #mQop/nM.
  • [ 編集 ]

はじめまして(ペコリ)

抜け殻.....わかります(涙)
キム選手のあの点数を見たら、引いちゃいました...
そんな中で、浅田選手はよく、3Aを二度とも成功させましたね!快挙です。男子でもフリーで二回決めるのは至難の技なのに!素晴らしいです。

審判は後から滑る浅田選手に釘を刺したのか?
それとも浅田選手の演技から換算して高めの点をつけてしまったのか...

どちらにしろ、現在の採点システムの謎が浮き彫りになったのでは?
この結果が、選手の明るい未来につながることを願います
元気出して下さいね。

  • 2010/02/26(金) 15:56:17 |
  • URL |
  • HINAMAMA #.KwdYFxE
  • [ 編集 ]

わかってたけど…
めまいがします。

いくらキムヨナがいい演技をしても、
バカみたいな点数が出る限り素直に拍手を送れません。

本人はこんな点数で嬉しいのでしょうか?

演技・構成点の項目に9点台があるとかバカバカしい。

  • 2010/02/26(金) 17:27:00 |
  • URL |
  • まんぷく #-
  • [ 編集 ]

dancing-gizmoさんへ

はじめまして!コメントありがとうございます!

やっぱりそうですよね!わたしも140点くらいかな??とおもいました。新しいエントリーで上位選手の演技構成点を比較してみましたが、みんな一日みないうちにやけに上手になってましたね笑

浅田選手も、150点て笑 ってなってしまわないか心配ですよね。数字で差がつき過ぎてしまって、自信を失ってしまわないか心配です。しかし、ほんとにすばらしい大迫力の『鐘』でした!

  • 2010/02/26(金) 23:06:34 |
  • URL |
  • 黒木工吉 #NEB76mhQ
  • [ 編集 ]

HINAMAMAさんへ

はじめまして!あたたかいお言葉ありがとうございます!

やっぱり引いちゃいますよね!笑 わたしは2度目のルッツが決まったあたりで若干引いてました笑

わたしが常に思うのは、新採点とて相対評価だということです。でなければ、説明できないことが多すぎますしね。

しかし謎だらけです。来シーズンからはみんなアランフェスかトスカかシェエラザードあたりで滑るほうがいいですね笑 音楽の選択にもバイアスがかかって、盛りあげやすい曲を選ばざるをえないでしょう。

  • 2010/02/26(金) 23:11:30 |
  • URL |
  • 黒木工吉 #NEB76mhQ
  • [ 編集 ]

まんぷくさんへ

ほんとくらくらしましたよね笑

キム・ヨナ選手は前の記事ですこしメンタルを分析したときに書きましたが、たぶん嬉しいと思いますよ。彼女は点数とか勝利とかでモチベーションを高めることができるのが強みの選手なので、たぶんそれを力に変えられる選手です。

引いてるのはわたしたちだけですね笑

しかし、9点というのが、どういう意味で9点なのかそれすらもわからないし、ジャッジの情操教育がどうなってるのか知りたいところです。

  • 2010/02/26(金) 23:15:04 |
  • URL |
  • 黒木工吉 #NEB76mhQ
  • [ 編集 ]

はじめまして

こんにちは。
真央ちゃんがトリプルアクセルを2回決めれば、きっと僅差の戦いになる!と信じて、ドキドキしながら見てました。
キムヨナ選手の演技直後は、やっぱりミスしないなぁ、すごいなぁと思っていたのですが、画面に点数が出たとたん、口があんぐり・・・

キムヨナ選手が最終滑走であの演技なら「金メダルご祝儀点だ、もってけぇ~」的なジャッジにも笑って納得するのですが・・
あの滑走順で、後に滑る選手の逆転は絶対許さない!とでも言ってるような高得点。
さすがに引いちゃいました。

でも、あの状況で、真央ちゃんはトリプルアクセルを2度決めたんですよね。
本当に強くて美しいアスリートだと思いました。

ぴあのんさんへ

はじめまして!コメントありがとうございます!

ほんとにそうですよね笑 超えられるものなら超えてみやがれ!みたいな点でしたね。あの雰囲気のなか、浅田選手はほんとうによくやりました。

おっしゃるとおり彼女は強くて美しい、すばらしいアスリートですよね。わたしは彼女の芯の強さに感服しました!

  • 2010/02/27(土) 10:46:26 |
  • URL |
  • 黒木工吉 #NEB76mhQ
  • [ 編集 ]

ちゃきちゃき姫

はじめまして。アメリカ在住の日米両国籍者です(川口悠子さん、井上玲奈さん、ごめんなさい)。キム・ヨナのあの信じられない高得点、もう笑っちゃいますね。真央ちゃんが3Aふたつ決めても絶対抜かせさせないための予防措置だったのでしょう。アメリカでもかなり「笑っちゃう」人、多かったみたいですよ。評論家なんかもね、かなり呆れていたようです。

それよりも、今回は完全に真央ちゃんはタラソワの「都合」の犠牲になったという評判ですよ。「鐘」があんなに評判が悪かった(ホント、アメリカではクソみそでした)あとに、去年のプログラムに戻すオプションを取れなかったのは、ひとえに仮面舞踏会(これも不評のプログラムだった)をすでにSOで再使用していたからだったって。それも女子シングルだけは金のないロシアの連盟とタラソワが、真央はSPもLPもロシアの曲を使って、ロシア人の振り付けと構成で滑った「実質ロシア人」(金)メダリストと主張するための、完全にタラソワの個人的野望というかロシア側の都合に押し切られた浅田陣営の惨めな敗北という見方があります。まあアメリカで言われていることだから、差し引いて聞く必要もあるけれど、あたらずとはいえ遠からず、という部分も大いににあると思います。完全にタラソワと心中することを強いられた形になってしまったのだいう同情論、アメリカで多いですよ。仮面舞踏会といい鐘といい、あの選曲とプログラム構成、振り付け、最初から真央ちゃんの負けは決まっていたようなもの。あんな健気な19歳のアスリートに、あのような負け戦をすることを強いた(というより、それから守ってあげれなかった)真央陣営の日本人の大人に怒りを感じます。

ちゃきちゃき姫さんへ

はじめまして!コメントありがとうございます。

個人的にわたしはアメリカはレイチェル・フラットのフリップのダウングレードがちょっと疑問がありましたね。あれはレピスト選手をたてるためだったのかな?という勘ぐりがわたしのなかにややあります。

なるほど!アメリカではそういう見方もあるのですね!キム・ヨナ選手は『007』と『ガーシュイン』という、完全に北米シフトを敷いてきたことを考えると、確かに浅田陣営はそういうマーケティングを怠っていたというのは当然の見方だと思います。

わたしは浅田選手の『鐘』『仮面舞踏会』が好きなのですが、確かにアメリカとは相反するものがあり、相性は悪いとおもいます。やはり米露は未だお互いの文化を認めにくい風潮はあるのではないでしょうかね?

タラソワにそういった「ロシアシフト」の野望があったのは、わたしは同意します。北米ではロシアのスタッフが下げられてしまうというのはあることのようですので、タラソワは浅田真央という才能をつかって、見返したかったのかもしれませんね。タラソワはコーチの中で芸術的野心が最も高いコーチだとわたしは思います。

わたしは個人的にロシアの近代音楽が好きなのですが、『鐘』というプログラムはもうすこし時間をおいて評価するしかないかな、という気がしています。

数年後には浅田自身が、「『鐘』は真央には合わなかったね」というかもしれないし、世界が「浅田の『鐘』はあの時代には早すぎたけど、素晴らしいプログラムだったね」と言うかもしれない。

わたしは個人的に、浅田真央にロマン派的なイメージから脱却してほしいと思っていたので、『鐘』と『仮面舞踏会』は好きなんですよ。

貴重なご意見ありがとうございました!!これからもよろしければご意見お待ちしてます。

  • 2010/02/27(土) 19:39:06 |
  • URL |
  • 黒木工吉 #NEB76mhQ
  • [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2010/02/28(日) 00:35:45 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

初めまして。

通りすがりですが.....。
私もあれから抜け殻です。
フリーでキムヨナの点数見たら真っ白になってしまって
真央ちゃんの演技をちゃんと見れませんでした。

本人でない私がこうだから真央ちゃんはどれだけの
気持ちを持って滑ったのか....想像もできません。

そしてSPの完璧な浅田選手の後に滑るキムヨナが 笑っていた事が
すごく不自然であれって思いました。なんで笑ってるの....?
だって完璧な演技でなおかつ3Aが決まった後で笑えるって
どーゆー神経だと.......。
荒川静香もどうやったらあの落ち着きが出るのか不思議だと
言ってました。

そしてこのタイミングでのルール改正のニュース。
黒すぎる.....。
http://vancouver.yahoo.co.jp/news/ndetail/20100228-00000000-jij_van-spo
ちなみに私はあの重ーい鐘が大好きです。
真央ちゃんに合ってないとか色々言われがちですけど
真央ちゃんの新境地ですし、何より本人が変える事を
しなかったと言う事ですしね。

そもそもカナダ開催ってなった時から言い知れぬ不安を
感じていました。ヨナのコーチはカナダ人だし、韓国社会が
根付いている場所だったから....。

北米とロシアの相容れない事情もあいまってますます
疑惑の念がフツフツと.....。

このまま曖昧に終わっていいのか....。
プルシェンコに期待するしか自分には出来る事が
ありません.....。

  • 2010/02/28(日) 04:34:49 |
  • URL |
  • えみ #Og9QlhnU
  • [ 編集 ]

ちゃきちゃき姫さんへ

やはり政治的な動きが大人たちにありますね。まさしくヨナ陣営のマーケティングは見事です。こういうことはやってやり過ぎることはないということを、体現した形ですね。

日本人はほんとうにこういうことが苦手です。政治的なことの実行が苦手というよりは、政治的なものを認めるまでにまず時間がかかるというか、文化的に見て見ぬふりができてしまうところがありますね。

しかし19歳の少女をひとりでリンクに立たせるには余りにも酷な情況でしたね。
わたしはやはり、このことを日本のスケ連やジャーナリストも学んでほしいなとも思います。

この観点からすると、わたしは今タラソワと袂を分かつべきではないと考えます。
次回の五輪はソチですし、なにより浅田選手のフィジカルは(タラソワの功績かは微妙ですが)とても強くなったとおもいます。プルシェンコとタラソワの関係も良いように見えます。タラソワをアドバイザーとして残して新コーチを、というのがどこまで機能するかわかりませんが、ぜひ良い環境で納得のいくまで練習させてあげてほしいですね。

ではではこれからも思うことありましたらバシバシコメントお願いいたしますね!

  • 2010/02/28(日) 22:23:30 |
  • URL |
  • 黒木工吉 #-
  • [ 編集 ]

えみさんへ

はじめまして!コメントありがとうございます!
いえいえ、これからも遠慮なく通りすがってくださいね笑

えみさんのお気持ち、わたしにもすごくわかります。
わたしも未だに抜け殻から脱却できていません。

浅田選手の気持ちを考えると、なんだか涙すらしてしまいますね。
でも彼女はもう前に向かって進み始めています。
銀メダルでも嬉しい、といってくれたことでどれだけ励まされたか。
ほんとうに彼女はやさしくて立派な女性ですね。

わたしはキム・ヨナの不敵な笑みも、苦し紛れというか、
彼女なりに葛藤した結果そうなったのかな、という気もいたします。
確かに感じ悪いですが笑
ほんとうに魔性の笑みでしたよね。
でもとりあえずジャンプを降りれば世界新がでることは、彼女も分かっていたとおもいます。
それで実際降りちゃうのは凄いですけど。

とりえあず、次回のオリンピックはソチですし、
ルール改正もわたしは歓迎することにします。
タラソワとプルシェンコで組んで浅田真央を守ってほしいですね笑

浅田選手はロマン派なイメージがつきそうなところを、うまく脱却できてわたしは良かったとおいもいます。最初『鐘』が不評だったときは擁護に必死になっちゃいましたけど笑、彼女が結果をだしてくれたおかげでみんなに愛された幸福なプログラムになれたと思います。

逆にキム・ヨナは2009年の死の舞踏から表現に対する訴求を感じなくなってしまい、わたしはちょっと不満ですね。



  • 2010/02/28(日) 22:40:26 |
  • URL |
  • 黒木工吉 #-
  • [ 編集 ]

しつこいようですが・・・

はい、オーサーにもひけをとらないくらいの蛇的なしつこさ、ということは自覚してます(笑)。が、もうひとこと。

されてます、されてます!アメリカで、3Aを2つもやった真央ちゃんとヨナのあの「ありえない」的大差への疑問提起が!ロシェットにメダルを「確保」しておくためのレイチェル・フラットの不可解な予防措置的DGや、パトリックチャンの順位上げのためのジョニー・ウィアーの不可解ロング・エッジなどへの批判とならんで、かなりの玄人筋(j元チャンピオンたちを含む)から疑問提起が!そう、どしどし言ってやって!日本人が言うと、負け犬の遠吠えと言われるのがおちだから、アメリカ人に言ってもらおう(笑)

それにしても私、情けないな、というかもうほとんど不気味なのは、(日本の友人からの又聞きですが)日本のマスコミからは、ヨナの演技はたしかにスゴイけれど、技術以前のレベルでの戦略勝利である点とか、あと真央ちゃんとのあの「ありえない点差」への疑問を提起する声がほとんど上ってないそうじゃないですか。それって、本当ですか?皆が「ヨナの完璧な演技」を賞賛するので声を合わせてるって、それ情けないです。一人くらい、「うん、ヨナは確かにうまいし凄い。でもあの点差って、ちょっとありえないんじゃない?」という、恐らく誰でもが本心感じていていることを口にする論調が日本のマスコミにはちっとも現れないってことが。「裸の王様」的な状況なんじゃないかと思ってしまいます。

そして、スケ連やマスコミの大人たちは、真央ちゃんに謝っても謝りきれない、という黒木さんのお言葉、私は思わずひざをたたいてしまいました。そう、政治的なこと、マーケティング的なこと、その他すべてを勘案しつつ選曲したりコーチや活動拠点を選んだりするのが、「大人の知恵」っていうものでしょうが。それは19歳のアスリートの責任範囲ではないのです。自国の有力選手が、不利をこうむるようなルール改正を阻むのが大人の「役員」たちの仕事でしょ。大人たちが大人として当然すべきことを出来かったことの責任は大きいのです。自分な不利なような採点変更をされ、悲劇の国民的英雄・オーサーのリベンジをしてくれる「カナダの国民的妹」の邪魔をする選手みたいな、あのアウェー的な雰囲気で、満場の大観衆の見守る中、負け戦はわかっていただろうに一人であのリンクにたった真央ちゃんの根源的孤独(ご本人はそんなふうには考えない立派な人だろうけれど、これは厳然たる事実)を考えるとき、私は日本のマスコミやスケ連の情けなさにこそ、「抜け殻」にさせられます。

それからタラソワのことですが、次回はソチだし、今たもとを分かつべきではないというご意見ももっともだと思います。ただ、ああいう人たちって「船頭」が複数いる体制での仕事なんて絶対引き受けないと思うんですよ。だから理想としてはタラソワをアドバイザーとしてキープしつつ別のコーチに実質の指導を受けるという体制が多分ベストなんだろうとは思いますけれど、それが実現する可能性はあまりないんじゃないかと思うのです。

今回のことで、コーチを選ぶ上でのポリティックスみたいなものがどれだけ重要だかを、日本のマスコミやスケ連も遅まきながら理解するようになったのだとしたら、いいんですけれどね。

それにしても、真央ちゃん、本当に立派な人です。頭が下がる思いです。

ちゃきちゃき姫さんへ

どうも!たびたびありがとうございます
ちゃきちゃき姫さんのオーサー並(笑)のしつこさ、我々が学ぶべきものですね!
これからもどうぞよろしくお願いいたします!

やはり、ちょっとヨナとロシェットの表彰台は決まっていた感じはぬぐえませんね。
アメリカなどの元選手が声をあげてくれるのは心強い限りです。
自国の利益かんがみず声を上げてくれるアメリカのこういう部分は
すこしうらやましいですね。

わたしは最近余りテレビを見ていないので正確にはわからないのですが、確かに日本のマスコミは今回の点差やいろいろな部分に問題提起をしている動きは感じられないです。こういうことには目を瞑りたい日本人の性質そのものですね。

浅田選手はまず新しいコーチ探しですね。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100228-00000008-dal-spo
>リンクサイドに立つ新コーチについては、世界選手権後に人選に入る見込み。現在の練習環境も考慮し、日本人コーチを含めてリストアップしていく予定だ。

ということですが、うまくいくといいですね。

  • 2010/03/02(火) 10:28:42 |
  • URL |
  • 黒木工吉 #-
  • [ 編集 ]

お返事ありがとうございます

すぐにお返事返さなくてすみません(汗)
ショックでふせっておりました(>_<)というか風邪ですが...
観戦でエネルギーを全て使い果たしたんだと思います。なにやってるんでしょう私(トホホ)
私も現在の採点システムは、相対評価だと思います。
それしか説明がつかないですよね。
だったら、早くそれを認めて欲しいです。順位点の方が納得しやすいし、今の採点は、誤った評価を観客に与える悪法ではないか?とまで思ってしまいます。
あんな点差ありえないですし、そのほかの有力選手もあまりにも差をつけられて、心が壊れないか心配してしまいます。
そんな中で、長洲選手は見せつけてくれましたね。あっぱれです♪

ところで、黒木さんの記事、凄く面白いです。
またコメントしたくなっちゃうかもしれません。
よろしいのでしょうか...?

  • 2010/03/02(火) 18:18:21 |
  • URL |
  • HINAMAMA #.KwdYFxE
  • [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2010/03/02(火) 18:43:13 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

HINAMAMAさんへ

コメントありがとうございます!
お返事遅くなってごめんなさい。

浅田選手はキム・ヨナ選手の出した世界最高得点超えに意欲を見せているようですが、
中間点が採用されるようになって、大技がどんどん入るようになっても、
どうなっていくか読めなくてちょっと心配ですね。
3-3復活、トリプルアクセル、4トゥループ、ルッツのエッジ矯正、
やることが沢山でちょっと心配です。

長洲選手はやってくれましたね!
しなやかで、ほんとうにフィギュアスケートらしい演技で、
末恐ろしい選手だなあと、感心してしまいました。

タラソワが観客のアウェイな反応を荘厳な音楽で気にならないように、
『鐘』を選曲した、という記事をわたしもどこかでみたことがあります。

わたしも『鐘』はだいすきですし、今後の浅田選手の
表現者としての生長に、ますます期待してしまいますね!

あ、もちろんコメントなどは、いつでもご自由にお願いいたします。
色々至らない筆者ですが、今後ともよろしくお願いいたします。

  • 2010/03/08(月) 21:16:08 |
  • URL |
  • 黒木工吉 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kokichi0026.blog65.fc2.com/tb.php/30-23269346
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。