黒木工吉のフィギュアスケート解説ブログ

フリーライター黒木工吉のフィギュアスケートに関するブログです。最新の技術解説、選手の情報からフィギュアスケートというスポーツ全体まで様々な角度から論じてみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンクーバーオリンピック女子SP直前企画!読めばテレビ放送が1.4倍くらい楽しくなるかもしれない主要選手紹介!①

いよいよ明日に迫りましたバンクーバーオリンピック女子SP!
男子に続きまして女子も、有力選手の紹介をやります。

これを読めば明日の女子SPが1.4倍(←微増)くらい楽しめるかもしれない、女子選手紹介!

まず、メダルに絡んできそうなのは、この7人

1 浅田真央 AA
2 キム・ヨナ AAA
3 鈴木明子 A
4 ジョアニーロシェット AA
5 レイチェル・フラット A
6 カロリーナ・コストナー AA
7 安藤美姫 AA

男子と同じように、評価は
AAAは、金メダルに最も近しい!
AAは、熾烈な銀メダル争いからもしかしたら金も!
Aは、入賞争いから銅メダルに食い込みたい!

という評価です。

ではざっと各選手の紹介をしておきます。

① SP滑走順 No22
浅田真央(日本) AA


なんといっても鍵はトリプルアクセルです。彼女はトリプルアクセルが決まらなければ始りません。SPとFPで3度のトリプルアクセルを予定していますが、もし予定通り彼女が3度トリプルアクセルを跳んだ場合、そのうち2度は決めないとメダルは厳しいとわたしは思います。3度決めることができれば、金メダルに近づくことができるでしょう。幸いなことに、ここ数日の練習の様子では、トリプルアクセルは高確率で入っています。彼女にとってオリンピックは夢の舞台。前回の彼女のメンタリティを分析する記事で記した通り、彼女は挑戦するモチベーションが高ければ高いほど、良い結果を残します。そういう意味では初めてのオリンピック。彼女にとっては力を発揮するのには絶好の舞台です。滑走順も有力選手のなかでは一番の滑走ですし、それがいい方向に働くことを祈っています。

プログラムについては、SP、FPともに完成度は非常に高いです。彼女の場合、音楽とすべての技が高い調和を遂げ、しかも濃密で高難度の技が連続するプログラムになっているので、すべての技を完璧に入れた場合、演技構成点は跳ね上がり、高い数字が現れるでしょう。しかしそれほどすべての技が音楽と調和しているプログラムである以上、ジャンプにミスが出た場合、演技構成点が伸びない可能性があります。

SPの仮面舞踏会においては、あれほどテンポの速いワルツをあれほどの高密度で演じきるのは至難の技です。ジャンプにミスが出てしまった場合は、拍がずれてしまったり、音楽が走り過ぎてしまう印象を持たれてしまうかもしれません。トリプルアクセル以外のフリップ、ダブルアクセルに関しては、心配はいらないでしょう。彼女はとにかくトリプルアクセル。逆に言うと、それ以外に心配はありません。現在の世界最高点がキム・ヨナの持つ76.12。そして浅田真央の持つPB(パーソナルベスト)が75.84。彼女はとにかくSPで出遅れることが多いので、とにかく思いきり、やってほしい。

2 SP滑走順 No23
キム・ヨナ(韓国) AAA


金メダル最有力候補です。そして SPにおいてもFPにおいても彼女が世界最高得点保持者でもあります。彼女は現行の採点ルールにもっとも適した選手であるし、そして自らをルールに近づける努力を最もした選手でしょう。

武器は高確率で決まるトリプルルッツ(orフリップ)ートリプルトゥループ。第2ジャンプのトゥループの完成度、高さは素晴らしい。このコンビネーションが決まると、浅田真央のトリプルアクセルーダブルトゥループの基礎点が9.5、キム・ヨナのトリプルルッツートリプルトゥループの基礎点は10.0。つまりトリプルアクセルよりも基礎点が高く、しかも成功確率が高いです。結局のところ、この各選手の決め技が入るかどうか、そこが勝負の分かれ目です。浅田真央はトリプルアクセル×3、安藤美姫は3回転3回転、そしてダブルアクセルートリプルトゥループ、ジョアニーロシェットはトリプルトゥループ→トリプルサルコウのシークエンス、カロリーナ・コストナーも安藤と同じく3回転3回転、そしてダブルアクセルートリプルトゥループ、レイチェル・フラットは3回転3回転、鈴木明子はダブルアクセルートリプルトゥループ。

そもそも評価の項で、わたしがAA以上つけた選手は自力で金メダルを取りに行ける力を持っています。ただ、その中で最もパーフェクトに演技を行える力を持っているのがキム・ヨナなので金メダル最有力候補だということです。

SPにおいては、彼女はめったにミスをしません。そして彼女のSP『007』は、とても彼女のキャラクターに合っており、ハマリプロだといえるでしょう。SPにおいては、いかに彼女において行かれないかが、他の選手の鍵になってくると思われます。

3 SP滑走順 No24
鈴木明子(日本) A


彼女は不思議な魅力をもっているスケーターです。見た人だれしも、応援したくなるような、会う人会う人を、味方につけてしまうような。そんな彼女の演技は、彼女の素晴らしい人間性に溢れている。

技術的な面としてはまず、基礎的なスケーティング技術がとても安定しており、特に彼女のステップワークは圧巻である。ステップで最高得点を挙げるのは彼女かもしれない。4大陸選手権では、ステップでレベル4を獲得しました。プログラムを演じきる力は卓越したものがあり、女優と称してもいいかもしれません。

ジャンプにおいては、3回転3回転を現状入れていないので、爆発的な高得点は期待できないのですが、5種類の3回転を高確率で決めることができます。特にトリプルループは安定しており、とても美しい。そこにも注目していただきたい。

演技構成点で伸び悩んでいる部分があり、SPでは点が伸びづらい可能性があります。ミスをしてしまえば最終グループに残るのは難しいと思われます。しかしやはり彼女の眼の力には、やはり不思議な力がある。彼女が力を出し切れば、きっと金曜日のフリー最終グループに、彼女の姿があるでしょう。

【つづきは後ほど】

↓ブログランキング参加中!ぽちぽちしてくれるとうれしいです。↓ 
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kokichi0026.blog65.fc2.com/tb.php/25-02ea5b13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。