黒木工吉のフィギュアスケート解説ブログ

フリーライター黒木工吉のフィギュアスケートに関するブログです。最新の技術解説、選手の情報からフィギュアスケートというスポーツ全体まで様々な角度から論じてみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンクーバーオリンピック男子SP直前企画!読めばテレビ放送が1.3倍くらい楽しくなるかもしれない主要選手紹介!②

(前回のつづき)

④ SP滑走順 NO 20
織田信成(日本) AA


ジャンプの織田、である。彼のジャンプの着氷は本当に美しい。世界一と言っていい。もともとはステップワークなどの苦手な選手であったのだが、モロゾフコーチに師事してからそれも良くなり、ヴァランスの良い選手になった。しかしモロゾフも言うように、余り表現に幅のない選手だ。古典クラシックなどは、表現することは難しいだろう。別に述べようと考えているのだが、彼には動作のメリハリが乏しい面がある。
一時期美人解説者の八木沼純子さんがよく言っていた、「音楽の間の取り方」というのも関係してくるかもしれない(最近はあんまり言わない)。音楽の理解に乏しい面は否定できないかもしれない。そういう意味で、SPの『死の舞踏』においては、余り評価が高くでない可能性がある(個人的には曲の編集にも問題アリだとおもうが)。しかしFPの『チャップリンメドレー』においては、彼の弱点をプラスに変えたといえる、素晴らしいできになっている。動きがフニフニしているのが、逆に良い感じで曲に合っている。また4回転以外のジャンプの成功確率が非常に高いのが、最大の強みだ。

⑤ SP滑走順 NO 21
ブライアン・ジュベール(フランス) AA


4回転キングである。調子がよければSPにトゥループを、FPに2度のトゥループとサルコウの、計4度の4回転を入れてくる可能性がある。彼がいなければ、プルシェンコとランビエール不在の間に、4回転ジャンプはもっと衰退していたかもしれない。そうして、もっとあっさりプルシャンコとランビエールの台頭に屈する結果になっていたかもしれない。確実にここ数年のフィギュアスケートを牽引してきた功労者である。スケーティングや音楽表現は余りスマートとは言えない。しかし持ち前のエンターテイナーとしての才能で客を味方につけることができる。そうなれば、彼のアスリート魂は最高潮に燃え上がり、良い結果に結びつくのではないだろうか。

⑥ SP滑走順 NO 22
小塚崇彦(日本) A


彼はフィギュアスケートというものの象徴だとおもう。スケーティングはもちろん、細かい技、ちょっとしたテクニックを数多く持っている、稀代のテクニシャンである。しかしまだ若く、どうしても4年後頑張ってほしい、という気持ちになってくるのが正直なところだ。4回転はなかなか決まらないが、素質は抜けたものを持っている。音楽表現や個性といった面で、スケートでどういったことができるかということを今後追及していけば、4年後のチャンピオンになるのも不可能ではない筈だ。個性豊かな世界の強豪に囲まれ、今シーズン演技構成点に伸び悩んでいるのが、それを象徴しているような気がしている。

⑦ SP滑走順 NO 24 
パトリック・チャン(カナダ) AA


スケーティングの美しさは図抜けている。
フィギュアスケートを見慣れていないひとには何のことやらわからないかもしれないが、ともすればガリガリガリ!ガシッ!ズバッ!くるくるくる!みたいなアクロバティックなスケーティングを披露する男子選手もいる中で、彼のスケーティングはいうなればスゥイー!スゥイスゥイスゥイーなのである。まあ、その辺の違いは見てもらう他ないけれど。そしてステップにおいては、レベル4をとる可能性を持つほど、優れている。ステップにおいては高橋大輔か、彼か、といったところであろう。ジャンプにおいても、幅のあるトリプルアクセル、そして確実なその他の3回転ジャンプ、すべて美しい。しかし、4回転が入らないほか、トリプルアクセルも何度かミスする場面が散見される。4回転を跳ぶ選手が頻出するなかで、どれだけ存在感を示せるかがカギになるだろう。ちなみに、地元カナダ出身なので、応援をうまく力に変えられるかどうかも鍵。

【つづきは後ほど】

↓ブログランキング参加中!ぽちぽちしてくれるとうれしいです。↓ 
人気ブログランキングへ







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kokichi0026.blog65.fc2.com/tb.php/13-a7e1048d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。