黒木工吉のフィギュアスケート解説ブログ

フリーライター黒木工吉のフィギュアスケートに関するブログです。最新の技術解説、選手の情報からフィギュアスケートというスポーツ全体まで様々な角度から論じてみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅田真央の革新⑮ 2009-2010FP『ラフマニノフ前奏曲Op3-2 鐘』 了







【前回のつづき】


そして今シーズンのFS『鐘』である。わたしは浅田真央に表情は不要と述べたが、それは浅田真央の表情づくりには、どこかしら不自然さがあったという点も否定できない。しかしそれも、全日本では気にならないそれどころか、すばらしいものになっている。そこにも凄みを感じた。

演技が始まると、あの可憐な19歳の少女が、わたしには死神のように見えた。そして、演技が終わればまた少女に戻って、ころころと笑う。浅田真央というのは、そういう不思議な、そして唯一無二の選手だ。

全日本の解説で八木沼純子さんが、「同じスパイラルでも、ショートはまた違う、非常に迫力のある表情とポジションと、良いですね」という発言をしていたが、これは浅田真央が技術でそういう迫力や凄みを表現できているということだ。

フィギュアスケートでは良く手拍子で選手の演技を後押しすることがあるが、この『鐘』では多分そういったことはできない。そういう曲ではない。フィギュアスケートの慣例に従えば、そういう面を「点数的に不利だ」という考えも出てくるだろう。実際、シーズン冒頭は、もっと演技を助けるような曲にしたほうがいいという意見も、よく聞かれた。

しかし、浅田真央というのはスケーティング、スピン、ステップ、ジャンプ、フットワーク、上半身の表現、全てにおいて、技術でそのメリハリを表現できる選手だ。

フィギュアスケートが技術的に向上していけば、このような流れになってくることは、浅田真央の『仮面舞踏会』そして『鐘』を見ると、想像することができる。つまり浅田真央は、5年後、10年後のフィギュアスケートの未来を切り開いている。

これがタラソワが浅田真央に託した野心であり、そして浅田真央はそれに対して全力で応えている。浅田真央は、演技中は「真央ちゃん」ではない。浅田真央は演技中は、音楽になっている、フィギュアスケートになっている。浅田真央というのは、本当にフィギュアスケートそのものだ、とわたしはよくおもう。世界中のファンもジャッジすらも、その価値を真に認識するのは、現在ではなく、もっと後のことになるだろう。えてして天才といいうのは時代を超越し、我々にその理想を示し続けるのだ。

【了】

↓ブログランキング参加中!ぽちぽちしてくれるとうれしいです。↓ 
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。