黒木工吉のフィギュアスケート解説ブログ

フリーライター黒木工吉のフィギュアスケートに関するブログです。最新の技術解説、選手の情報からフィギュアスケートというスポーツ全体まで様々な角度から論じてみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一筋縄ではいかない4回転論争②







【前回のつづき】

そもそも今回4回転なしに金メダルに輝いたエヴァン・ライサチェクという選手も、元々は非常に優れた4回転ジャンパーであった。

2006-2007シーズンでは、彼自身競技会で初となる4回転ー3回転を決め、悲願の全米チャンピオンに輝いている。それまでの彼は世界選手権でメダルを獲得しながら、全米タイトルになかなか縁のない選手であった。

このシーズンがひとつのポイントであったと、わたしは考える。このとき彼はシーズンを通して、4回転を跳んでいたし、そのジャンプは好調を維持していた。そしてその年の世界選手権、彼は大きな勝負に出た。当時としてもごく少数の選手しかやっていない、SPから4回転を跳ぶという作戦に出たのである。

SPで4回転を跳ぶ事情は、フリーとまた違って、更に厳しい。
男子SPのジャンプの要素は、

① 2回転+3回転、3回転3回転、4回転+2回転もしくは3回転、いずれかのコンビネーション
② トリプルorダブルアクセル
③ ステップからのあらゆる3回転もしくは4回転ジャンプ

と規定されている。
4回転を入れるなら、①か③のところに当てはめる必要がある。しかし③のステップからの4回転の難易度は非常に高く、現状すべての4回転ジャンパーは①のコンビネーションの第一ジャンプに4回転を跳んでいる。

その場合、4回転3回転を跳べるなら問題なく高得点なのだが、4回転2回転の場合の基礎点は3回転3回転の基礎点と、そう変わらないのである。

以上のことにより、SPで4回転を跳ぶ場合、その次に3回転をつけられる技術がなければ、武器として意味を為さない可能性が高い。この点数規定の疑問点がまずある。4回転3回転のコンビネーションは、言わずもがな4回転単独の技術に比べられないほど難易度が高いのは想像に難くないだろう。だからSPから4回転を跳ぶ選手は、非常に少ないのである。

そして、そのシーズンのライサチェクは、その技術があった。しかし結果はどうだっただろうか?残念ながら4回転の着氷でミスがあり、FSでもそれまでの好調が消えてしまったかのようにいくつかのミスを犯した。このときライサチェクは総合5位。彼は2年連続で世界選手権銅メダルに輝いていたのだが、3年連続のメダルは叶わなかった。

皮肉な話である。このシーズン、彼は金メダルを目指して必死に練習し、今までにない好調を誇っていたように、私の眼には映った。しかし、その好調が仇になったとは、言えないだろうか?あのときライサチェクがSPで4回転を跳んでいなかったらー?スポーツの世界、そんなたらればを言ってしまえばきりがない。しかしあの時の世界選手権は、上位4人までが4回転を決めた、今よりもジャンプレベルの高い試合だったと、記憶している。おそらくライサチェクは、あのときSPから4回転を入れた自身の決断について、その後悩み続けたことだろう。

そして翌2007-2008シーズンの冒頭の試合では、ライサチェクはFSでしっかり4回転に挑み、成功させていた。そして2年連続全米選手権を再び制した。しかし満を持して挑もうとしていた世界選手権を、怪我で欠場してしまった。

ライサチェクの4回転の確率が落ちたのは、怪我のせいかもしれないという説もある。復帰した翌2008-2009は、ジャンプで回転不足の判定を下されることがたびたびあった。ジャンプの回転不足が厳格化されてきたのが、ちょうどこのころであった。このとき、傍目ではライサチェクは不調に陥っていた。グランプリファイナルの出場を逃し、連覇中であった全米選手権では3位に沈んだ。

しかし、彼はその2ヶ月後の世界選手権を制した。
4回転を捨て、それ以下のエレメンツを完璧にこなした結果であった。

彼が4回転を捨てる決断をしたのは、前年の世界選手権で4回転を跳ばなかったカナダのジェフリー・バトルが優勝したことが、大きかっただろう。バトルはスケーティングと音楽表現に定評のある優れた選手だったが、4回転ジャンプがなかなか決まらなかった。この時、男子フィギュアは久しぶりに4回転を跳ばない選手をチャンピオンとして迎えることになった。

あのとき、4回転がなくても勝てたのは、音楽表現に優れスケーティングスキルに卓越したバトルだったからだ、と思われただろう。しかし現実には、音楽表現もスケーティングスキルもそこまで卓越した評価でないライサチェクが、4回転なしで勝ってしまった。このとき、世界は金メダルに輝くためには4回転は必ずしも必要としないという認識を、共有のものとした。

その認識にNO!と声高に叫んだのが、ロシアのエフゲニー・プルシェンコであった。しかし結果は銀メダル。彼は自らの演技で、「4回転を跳ばないのは自由だけど、それじゃ勝てないよ」ということを、示したかったのだろう。しかし結果的に、それは果たせなかった。彼とて満身創痍であったことは想像に難くない。それが、「今のフィギュア界が何を求めているのか、この結果で明白になった。もはや4回転ジャンプに価値はない」という発言に繋がった。こういう発言も、彼とて本意ではなかっただろう。しかし、彼はもうそうするしかなかったし、この発言にかなりの確信を持っていたのは明らかだ。

4回転というのは、ひとつの大技であるとともに、音楽表現における重要な要素であるとも言える。
フィギュアスケートが何であるかというのは定義づけの難しいものであるが、ひとつの考え方として、「スケーテイング、スピン、ステップ、ジャンプ、フットワーク、上半身とスケーティングとの調和、そのあらゆる技術を駆使して音楽を表現する競技」といえると、わたしは考える。

そうなったときに、4回転があるということは、それだけ音楽表現に幅が出るということだ。4回転と3回転では、やはり誰が見ても迫力が違う。この違いは、音楽を表現するのに、ひとつの大きなアドバテージだ。

この点を考慮すると、音楽表現としての4回転という意味ではスイスのステファン・ランビエールが素晴らしい。彼はトリプル・アクセルを持たない弱み故でもあるが、演技後半でも4回転を入れることができる。このことにより、彼の音楽表現はまたひとつ豊かになる。

しかしプルシェンコはというと、FS本番の状態では、そこまでの境地には達せていなかったかな、というのが正直な感想だ。音楽表現として4回転の必要性というものを、演技でアピールするにはすこし弱かった。ここはわたしが彼の衰えを図らずも感じてしまった点だ。

全盛期の彼は、本当にすばらしかった。芸術点で6.0のフルマークは、彼にとって珍しいことではなかった。それだけ彼のジャンプ技術というものが彼の感性とうまく溶け合い、演技全体に調和し、音楽表現者として卓越した才能を発揮していたのだ。

しかし、それが彼の衰えのせいだとは一概には言いきれない点もある。考えればわたしたちはプルシェンコという人間のカリスマ性を信じ過ぎていたかもしれない。過酷な練習を続けながら、怪我はより深刻さを増していたことだろう。

4回転論争の大きな問題は、新採点になってからジャンプ以外のスピン、ステップ、すべての技術をまんべんなく高いレヴェルに押し上げる必要が出てきたために、得意分野以外の練習により時間を割く必要があるということだ。

つまり、4回転の練習をしながらスピンステップの練習を積むのと、4回転の練習なしでスピンステップなどの練習を積むのでは、その費やす労力や時間に、大きな差が出るということである。おまけに、一番深刻なのは怪我の問題だ。新採点になってから、怪我で戦線離脱したり、引退を余儀なくされるケースが、すこし目につき過ぎる気がしている。

高橋大輔も怪我する前年のシーズン、4大陸選手権で2度の4回転を成功させ、見事現在まで破られていない世界最高得点を成し遂げた。もちろん、彼はその怪我から見事復帰し、スケーターとしての魅力をより深めてわたしたちの前に銅メダルをもたらしてくれた。しかし、やはり4回転のジャンプ技術は戻らなかった。

つまり、エヴァン・ライサチェクは怪我がきっかけで4回転をあきらめた可能性があり、怪我とつきあいながら4回転を
跳んでいた選手は、今回のオリンピックで、勝てなかった。4回転は、諸刃の剣であるどころか、これではまったく茨の道である。

これは深刻な問題ではないだろうか?
そして前回の記事で示した通り、現在4回転ジャンプのそのリスクに見あった報奨は与えられていない。

4回転にまつわる選手の作戦は、今回いくつかに分けられた。
① 4回転を準備し、4回転を跳び、成功させた選手→プルシェンコ、ランビエール、小塚崇彦など
② 4回転を準備し、4回転を跳び、失敗した選手→高橋大輔、ジュベール、ベルネルなど
③ 4回転を準備し、しかし本番で4回転を回避した選手→織田信成など
④ 4回転を準備しなかったと予想される選手→ライサチェク、チャン、ウィアーなど

そして、今回特にフリーで躍進を果たした選手は、④に集中している。
このことが示す通り、プルシェンコの「もはや4回転ジャンプに価値はない」という発言は、総合的、客観的に判断して、ものすごく正しい。

繰り返すがこれはルールの問題であって、選手個人の問題ではない。
ライサチェクもバトルも世界チャンピオンに相応しい、素晴らしいスケーターである。
その評価はプルシェンコと比較しても、もちろん変わらない。

わたしの4回転論争における考え方は以上のとおりである。
やはり、4回転の得点を挙げるか、ダウングレードの規定を改正することが、望ましいとわたしは結論する。

【了】

↓ブログランキング参加中!ぽちぽちしてくれるとうれしいです。↓ 
人気ブログランキングへ









スポンサーサイト

バンクーバーオリンピック男子FS終了!エヴァン・ライサチェク金メダル!プルシェンコが銀、高橋大輔は銅!そして一筋縄ではいかない4回転論争

バンクーバーオリンピック男子フィギュアスケートの競技部門が終了した。
結果は1位エヴァン・ライサチェク、2位エフゲニープルシェンコ、3位高橋大輔、というものだった。

メダルを獲得した選手も、届かなかった選手も、皆皆すばらしかった。
わたしは久しぶりに感動して放心し、しばし空を仰いだ。非日常がいつのまにか、訪れていた。

ここで、当ブログをご覧の皆様にわたしは謝らねばなるまい。
私は以前の男子FSの展望を占う記事で、こう書いた。

>プルシェンコの項で抜いたニュースを読む限り、彼はFSで4回転を回避してくるのだそうです。入れないのではなく、おそらく入れられないのです。彼はオリンピックに4回転を準備してきていない。彼のベストスコアは159.60です。それにSPのスコアを足すと、249.9になります。わたしの予想では、おそらく優勝者のFSのスコアは170点前後になってくると思います。故に、254~260くらいが優勝者のスコアと予想されます。そうすると、4回転を入れないライサチェクにはいささか難しいスコアになるでしょう。わたしは事前に評価をAと与えていたように、今もって彼のメダル獲得には懐疑的な視点を持っています。しかしもちろん、勝負は蓋を開けてみないことにはわかりません。

これが結果的に、大間違いであった。
現実に、ライサチェクは4回転抜きで167点という高得点を叩き出し、金メダルを獲得した。総得点は257.67である。優勝者のスコアは当たった。しかし、ライサチェクがそれを成し遂げるということを、わたしは上記の文章ではっきり否定している。

しかしライサチェクは現実に4回転抜きで、自分の持てる武器をしっかり極めて、ミスが許されない状況、前年度のチャンピオンという期待、オリンピックという大舞台、そういったプレッシャーにすべて打ち勝ち、頂点に立った。彼はチャンピオンに相応しい。わたしはオリンピックチャンピオンとして、彼を真摯に讃えたい。

しかし今後、4回転論争というものが過熱してくるだろう。結果として、二年連続世界チャンピオンが4回転なしで、そして今回のオリンピックで再度、4回転ジャンパーは勝てなかった。

ロシアのエフゲニー・プルシェンコはこんなことを試合後に語っている。

**************************************************************************************
プルシェンコ、怒りの銀=採点基準へ不満隠さず〔五輪・フィギュア〕
(時事通信) 2/19 18:29 コメント数:805件

 勝者ライサチェク、健闘の高橋がいる記者会見場に、しばし遅れてトリノ五輪の王者が加わった。プルシェンコは「勝利を確信していた。エバン(ライサチェク)が僕よりも、そのメダルを必要としていたということだろう。独り占めはできないから」と皮肉を込めた。
 直接的なジャッジ批判はしない。だが、採点に対する不信感はありあり。引き揚げてきた通路では「昔の採点基準なら勝っていた。今のフィギュア界が何を求めているのか、この結果で明白になった。もはや4回転ジャンプに価値はない」−。
 4季ぶりに復帰し、金メダル最有力候補として臨んだ五輪。フリーの最終滑走者は冒頭の4回転−3回転を着氷したが、続く2回転は跳ばなかった。以降のジャンプも乱雑。結局、3連続ジャンプは1度もなかった。
 昨季から4回転など高難度のジャンプは基礎点が上がったが、リスクが大きく安全策が優先される傾向があった。世界選手権優勝者も2年連続で4回転を跳んでいない。今季から回転不足でも見栄えが良ければ減点幅が緩和されるようになったとはいえ、この夜のプルシェンコは、決して良くは見えなかった。
 前回王者は「結果は受け入れる。五輪で(通算)銀2個、金1個なら悪くない。振り返らず前に進む」。その一方で「これが最後になるだろう。分からないが…」と競技者としてはリンクを去る気持ちもある。会見の途中で「もう帰っていいか」と真っ先に席を立った。後味の悪さとしらけた空気の中で、ライサチェクと高橋が座り続けた。
(バンクーバー時事)
***********************************************************************************

この記事に対して、さまざまな意見があるだろう。

わたしは男子FSを観戦後、ずっとこのことを考えていた。
しかし、いまだ結論は出ない。
いまわたしに分かっているのは、4回転論争というのは、フィギュアスケートの本質にかかわる、そして答えを出すのが大変難解な、そして極めて重要な命題であるということだ。

まずこのプルシェンコの発言を受けて、いくつかの反論があるだろう。
「そんな風に言うのなら、4回転ジャンプをもう一度跳んで、2度跳べば誰も文句の言えない完勝が果たせたではないか」
「そもそもプルシェンコはジャンプのランディングが完璧ではなかったし、しっかりとクリーンにジャンプを降りていたら勝っていたのは彼ではないか」
「そもそもスピン、ステップ、音楽表現、ジャンプ、すべてがフィギュアスケートだ。ジャンプのみを問題にすべきでない」

しかしわたしが考えるに、4回転の是非を問うというのは、そんなに簡単な命題ではない。

以前フランスのブライアン・ジュベールが、4回転は必ずしもプログラムに必要ないと主張するカナダのパトリック・チャンとの4回転論争にて、今回のプルシェンコと同じようなことを、このように語っている。

「もし(チャンが)来シーズン四回転をすれば、自分のプログラムが精神的にも肉体的にもどれほどより難しくなるか、分かることでしょう。(四回転をするのは)難しいのです。4回転1回でさえまったく異なってきます。

ここが、4回転の是非を問う論点で、ひとつ難しいところだ。

4回転というのは、ただそれが成功すれば良いというものではない。
4回転が確実に着氷でき、尚且つその後のプログラムもしっかりこなす体力、精神力が問われているのである。

4回転を冒頭に跳ぶ選手は多い。例えば冒頭に4回転を跳ぶ選手とトリプルアクセルを跳ぶ選手とでは、メンタルの持っていきかたが全く異なる。なぜなら、4回転ジャンパーが現実に大きな大会で勝つためには、冒頭で4回転ジャンプを跳んだあと、すぐさま次の4回転やトリプルアクセルを跳ぶ必要性が非常に高いからだ。

わたしはここがひとつの盲点だと考える。
現実に、優勝したライサチェクは、冒頭のトリプルアクセルートリプルトゥループのコンビネーションを決めた後は、2回目のトリプルアクセルとそのほかの3回転ジャンプのことを考えれば良いのに対し、高橋大輔とプルシェンコは冒頭の4回転を成功したとしても、まだその後2度のトリプルアクセルが残っている。

つまり、最初に述べたように、ただ4回転を跳べばいいという問題ではなく、4回転を跳んだあと更にトリプルアクセルを2度跳ぶ、しかもクリーンに降りる必要がある。そうしなければ、点数上4回転を跳ぶメリットというのは殆どない。なぜなら、4回転を跳ばない選択をした選手の中で、すべてのジャンプをクリーンに跳ぶ選手というのは、大きな試合においては必ず一人は存在するからである。その選手に勝つには、同じくトリプルアクセルをミスするわけにはいかないのである。ここでトリプルアクセルをミスしてしまうと、4回転を入れたアドバンテージは無いものと等しい。

例外的にトリプルアクセルを入れられないランビエールの例もあるが、あれはあくまで例外である。4回転を2度用意しているランビエールを除いたトップレベルの男子にとって、トリプルアクセル2度は必須だ。

つまり、ジュベールの言うように、4回転を入れるプログラムと4回転を入れないプログラムというのは、単に4回転ひとつ分の体力的、精神的負担だけではまったくなく、それとはケタ違いの、まったく別物の大きな負担であるということである。

しかしプルシェンコが言うように、現在のルールでは4回転にそこまでの価値は与えていない。
基礎点を比較すれば、そのことは顕著に分かる。
ライサチェクのジャンプの構成の基礎点は、58.23点。
プルシェンコのジャンプの構成の基礎点は、59.33点。
高橋大輔のジャンプの構成の基礎点は、60.38点。(実際には冒頭の4回転がダウングレードで3回転判定になってしまったので、-5.8で54.58)。

ということで、特に大きな得点の違いはない。ライサチェクはまったく取りこぼさず、4回転を抜いた演技ではほぼ完璧な基礎点であるといえるだろう。それに対して、プルシェンコと高橋大輔は、ちょこちょこ取りこぼしてしまった。

しかし現実にプルシェンコは4回転を降り、トリプルアクセルを2度降りた。確かに上出来なジャンプとは言えなかった。それでも上で抜いた点数は出来栄えを表すGOEを省いた基礎点の部分のみなので、ジャンプの出来は関係ない。つまり4回転を降りたアドバンテージというのは、他のジャンプも4回転を抜いたプログラムと同じくらい一分の隙もなく高難度で決めなければ、完全に消えてしまうような性質のものなのだ。

つまり、冒頭でプルシェンコが言った、「今のフィギュア界が何を求めているのか、この結果で明白になった。もはや4回転ジャンプに価値はない」というのはそういう意味だ。

4回転ジャンパーにとって、現行のルールは、それを跳ばない選手に比べて何倍も厳しいものである。
わたしがすこしこの問題でもやもやしたものを抱えてしまうのは、結局のところルールの問題だ。

優勝したエヴァン・ライサチェクにはひとつの非もないし、彼は責められるべきではない。
彼はアスリートとして成すべきことを完璧に成し遂げ、それにふさわしい結果を勝ち取っただけだし、それは掛け値なく素晴らしいことだ。それはここで、強く主張したい。

そもそも彼は、けして安全策をとって消極的に4回転を回避したとは、言いきれないからだ。それも4回転論争の、また別の難しい点である。

【つづきはまた次回】

↓ブログランキング参加中!ぽちぽちしてくれるとうれしいです。↓ 
人気ブログランキングへ


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。