黒木工吉のフィギュアスケート解説ブログ

フリーライター黒木工吉のフィギュアスケートに関するブログです。最新の技術解説、選手の情報からフィギュアスケートというスポーツ全体まで様々な角度から論じてみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅田真央の革新⑬ 2009-2010FP『ラフマニノフ前奏曲Op3-2 鐘』







【前回のつづき】

よくキム・ヨナ選手との比較で、浅田真央の演技には表現のメリハリがないという意見が聞かれることがあるが、それは選手の個性の範囲であり、どちらかが優れていてどちらかが劣っているというわけではない。例えばある音楽において「この曲にはメリハリがないね」という声があったとして、むろんそれが音楽そのものの評価に繋がる訳ではない。つまりあくまでだいじなのは、音楽との調和、そして表現である。

キム・ヨナという選手は、音感やリズムにおいても優れている選手だが、しかしそこに限って言えば浅田真央の圧倒的な運動能力の前では、見劣りする。しかしそこを、ポージングのメリハリや表情の巧みさなどで上手くカヴァーしている。静と動の演じ分けがとてもうまいのである。

元々、フィギュアスケートというものには、そういう側面がある。4分間動き続けるのは大変なことだ。SPにおいては、比較的短い時間のなかでのことなので、ある程度は濃密なプログラムを動き続けることができる。しかしフリーの4分間を動き続けられる選手というのはいない。言い方は悪いが、どこかで「お休み」をしなくてはいけない。

よくストレートラインステップの直前に、壁際で「これからステップですよ」というようなアクションを選手が見せることがあるが、まぁあれがそうだ。壁際でスケートを止め、腕や顔の表情だけでこれからのステップの迫力を物語る。

しかし浅田真央は、そういった「お休み」を一切とらない。限りなく動き続けて音楽を表現している。そういう意味で、突出した、唯一無二の存在なのである。他にこんな選手はいないし、過去にもいない。彼女の体力がすでにずば抜けているのである。音楽と言うのは、わたしたちと同じ時間のなかで止まらない、ものだ。だから、音楽を表現するときに、ポージングや表情というのはあくまで2次的な要素なのである。あくまで動き続けることが、ひとつの価値なのだ。それも闇雲に動いているわけではない。ジャンプやステップ、スピン、フットワーク、高度な技を繰り出しながら、音楽世界を表現しているのである。つまり、音楽と自分の肉体とで、時間を共有している。氷上で舞うことを前提としているフィギュアスケートでは、止まった状態の表現よりも動いている状態の表現のほうが、より音楽世界を表現するには高度で有用であるというのは、言うまでもないだろう。あくまでフィギュアスケートの表現の優れた点は、スケーティングである。滑ることで陸上とは違う速度や表現をすることができるのが、その醍醐味なのだから。
(つづく)

↓ブログランキング参加中!ぽちぽちしてくれるとうれしいです。↓ 
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

バンクーバーオリンピック女子フィギュアスケート直前企画!安藤美姫、浅田真央、キム・ヨナ選手のメンタリティを解析③ チャレンジを止めたらフィギュアスケーターでなくなってしまう浅田真央







浅田真央の場合、シンプルそうに見える彼女が実は一番複雑なメンタリティを抱えているようにわたしの目には映る。彼女は常に高い目標に対して挑戦し続けている。トリプルアクセル、それが跳べたらフリーで2度のトリプルアクセル、それが入ったら4回転ループ、そしてステップからのトリプルアクセル、SPからトリプルアクセル、一試合に3度のトリプルアクセル。それをこなしながらも、全てにおいて高難度の濃密なプログラム。

ときどきファンは、そんなに挑戦を続けなくても、浅田真央の実力なら今できることをキッチリやれば勝てるではないか?と言う。しかしそれはある意味では正しいが、正確には誤っている。彼女は挑戦を続けなければモチベーションを保てない、根っからのアスリート精神を抱えているのである。

わたしがそれに気がついたのは、2006年の世界ジュニアでのことだった。

その年の浅田真央はフィギュアスケートの競技至上最高ともいえる、破竹の勢いで勝ち続けていた。15歳で挑んだシニア初参戦のグランプリシリーズで初戦2位、そして次戦で早くも優勝してしまった。その勢いのままで進んだグランプリファイナルでも、優勝してしまった。荒川静香も、その当時世界最強の呼び声高かったイリナ・スルツカヤもことごとく破って。

そして、彼女は年齢制限の為オリンピックに出られなかった。トリノオリンピックの時の浅田真央の出場騒動は、日本国民の記憶にも新しいのではないだろうか。

浅田真央はトリノオリンピックをテレビで観戦した。そして、彼女に控えていたのは、その後の世界ジュニア選手権だった。

浅田選手はそのとき、SPでのトリプルアクセル、そしFPでの4回転ループ挑戦を明言していた。当時の彼女の勢いを考えれば、彼女はなにもかも成功してしまうのではないかと考えられた。なにもかもとは言わないまでも、優勝は間違いないだろうと。

しかし、その試合で浅田真央は優勝を逃した。しかも、必勝を掲げたこの試合で、SPでトリプルアクセルを入れたものの他のジャンプでミスを犯し点は伸びず、安全策をとって4回転ループは回避した。それでも、負けてしまったのだ。シニアのグランプリファイナルを制した選手が、他のジュニア選手に負けてしまったのである。この衝撃は当時として、大きかった。その彼女を負かした選手こそが、他あろうキム・ヨナ選手であった。

当時からキム・ヨナ選手は将来を切望された、すばらしい選手であった。しかしあの時点では、こんなに早く浅田真央を越えて世界最高得点を叩き出す女王になると、予想できたものは少なかっただろう。しかも、彼女とてあのとき、会心の演技!というわけではなかったのである。

しかし、それ以上に浅田真央は悪かった。彼女はインタビューでその心境をこう応えた。

まだ真央はジャンプだけなので、ジャンプが跳べないと負けちゃう。ユナはスケートもきれいだし、ジャンプも上手。今回は余裕がなかったけれど、これからはもっとスピンもたくさん回転しなくちゃいけないし。他にもいろいろ……」

これは、日本人としてはおなじみの心理だといえる。浅田真央の人気の由縁もこういう謙虚で常に向上していないといけないと考えるメンタルが共感を集めているのかもしれない。あの時、攻める気持ちを、グランプリファイナルを制した時のように挑戦者の気持ちで4回転ループに挑戦していればあるいは勝てていたかもしれない。しかし本当は、浅田真央がそのタイトルにそれほど固執していなかったことこそが、モチベーションを維持できなかった要因かもしれないし、真偽のほどはわからない。しかし断言できるのは、彼女は常に挑戦を続けていないと、モチベーションのコントロールにとても苦労してしまうタイプの選手であるということだ。

その浅田真央の道程が、この4年間だ。挑戦を続けていった結果、彼女は『鐘』という最高レヴェルのプログラムをこなし、トリプルアクセルをオリンピックで3度入れるという、前人未到の記録を狙える選手に成長した。

彼女は現状のルールでは、必ずしもうまく勝てる選手ではない。しかし世界中の誰もが知っているだろう。彼女こそが最もフィギュアスケートという競技を象徴する選手であることを。

【了】

↓ブログランキング参加中!ぽちぽちしてくれるとうれしいです。↓ 
人気ブログランキングへ



浅田真央の革新⑫ 2009-2010FP『ラフマニノフ前奏曲Op3-2 鐘』







2008-2009シーズンFP『仮面舞踏会』を思い出してほしい。あれは当時からして難しい難しいといわれていたが、あれを演じきれる選手はまさしく浅田真央しかいないだろう。ジャンプのエレメンツどうこうの話だけでなく、あれだけ高速のワルツのリズムであれほどのフットワーク、あれほどのステップワークは、男子でも難しいのではないかとわたしは考える。さすがの浅田真央でも、ジャンプのミスがあると、拍がずれてしまい修正に苦労していた。あれはそれほどのプログラムである。ノーミスで滑った時の感動、音楽との調和は、凄まじいものがあった。

本当に浅田真央のリズム感はとびぬけて素晴らしい。彼女が滑っていると、その体がリズムで躍動しているのがわかる。調子のいい時は、細かい動きからして外れない。少しの腕の動き、指先の動き、足の運び、そのすべてが音楽世界で流れる時間とうまく調和している。

2008年の世界選手権FP『幻想即興曲』を見てほしい。
浅田真央2008世界選手権FS

この演技は、浅田真央を初の世界女王に導いた演技である。しかし冒頭のトリプルアクセルで、前代未聞の転び方をする。こんな転び方は後にも先にも、見たことがない。

しかしその後立て直した演技では、完璧にジャンプを決めてみせ、しっかりとしたエレメンツをこなしてみせた。浅田選手がけして得意とはいえない第二ジャンプにトゥループをもってきた3回転3回転もキッチリ入った。

特質すべきは、音楽との調和である。あれだけ激しく4分間動き続けていて、音を外さない。ちょっとした動きやスケーティングで、しっかり音楽と自分の時間の流れを調和させている。

(つづく)

↓ブログランキング参加中!ぽちぽちしてくれるとうれしいです。↓ 
人気ブログランキングへ


浅田真央の革新⑪ 2009-2010FP『ラフマニノフ前奏曲Op3-2 鐘』







【前回のつづき】

わたしが考えるに、浅田真央はそういった、観る側が抱く「浅田真央らしさ」、悪い言い方をしてしまえば「真央ちゃんらしさ」だろうか?そういったスケールに収まるような選手では、まったくない。

浅田真央に表現力があるかないか、という議論をときどき目にするが、多くの人は浅田真央はまだ若く、また同年代にしてもキム・ヨナに劣ると、認識しているのではないだろうか?

しかしそれは誤った認識である。浅田真央の表現力は唯一無二であり、わたしは現役のなかでは突出したものである思っている。というより、キム・ヨナや安藤美姫の表現力と、浅田真央の表現力とはまた少し種類が違い、比較するのは難しいのだ。それだけ浅田真央というのは、フィギュアスケートというスポーツにおいてひとつ変わった存在なのである。無責任で単純な言葉で表現すると、天才であるといっていい。

天才であるからといって、勝てるとは限らない。それはフィギュアスケートが一種のスポーツである以上、当然のことだ。それは結果が証明してきている。浅田真央が常勝だったのは、ジュニアのシーズンでのことだ。本格的にシニアに上がった2006-2007シーズン以降の浅田選手は、常勝とは言い難い情況に置かれている。

浅田真央は、リズム感と音楽的感性に図抜けているところがある。わたしは、浅田真央に滑れない曲などないと考えている。あるとすれば、それは我々観る側の誤ったイメージに踊らされてしまっているからではないかと。

(つづく)

↓ブログランキング参加中!ぽちぽちしてくれるとうれしいです。↓ 
人気ブログランキングへ


浅田真央の革新⑩ 2009-2010FP『ラフマニノフ前奏曲Op3-2 鐘』







【前回のつづき】

2009年10月初頭の時点で浅田真央が『鐘』を初披露した時、ファンの間では賛否両論だった。わたしの見た感じでは、否の意見のほうがやや多かったように思う。主だった意見としては「浅田真央らしくない」という意見だった。

その時の動画を2番目につけておいたので、ご覧いただきたい。その上の動画が昨年末に行われた全日本選手権の動画であり、現時点で最もクオリティの高い『鐘』である。

確かにこの時の演技は、そういった不安を観る側に覚えさせる内容だったとおもう。高度で濃密なプログラム故、ジャンプなどの高い技術が決まらなければ、空々しいものに見えてしまうかもしれない。

そもそも特徴的なのは、音楽にメリハリがないことだ。最初から終わりまで、ほぼ一定のメロディで、大きな起伏なく4分間が流れてゆく。

この曲を使うことを決断したのはタラソワである。ラフマニノフの『鐘』という曲はフィギュアスケートコーチとしては稀代の野心家であるタラソワの、とっておきの一曲だったという。過去世界選手権5度優勝のミッシェル・クワンにこの曲でトリノオリンピックを滑らせようと計画したらしいが、クワン自身がトリノオリンピックを辞退してしまったので、それは叶わなかった。まさに、4年越しの計画なのである。

タラソワは浅田真央を浅田真央たらしめたコーチである。そもそもファンが抱く「浅田真央らしさ」というのは、2005-2006シーズンの『くるみ割り人形』に代表される、フワフワとして、誰しも妖精をイメージさせるような、軽やかに氷上を舞う浅田真央だろう。

その後、ショパンを多く滑るようになり、浅田真央とショパンというのは最良の組み合わせであるという認識も我々観る側に生まれたように思う。

確かに、ショパンの鍵盤を駆け抜けるような多彩な音の粒や、その輝かしくもキャッチーなメロディーは、浅田真央によく似合う。しかし、そのイメージが定着するのを嫌ったのがタラソワであり、ともすれば浅田真央自身だったのではないだろうか?


次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。