黒木工吉のフィギュアスケート解説ブログ

フリーライター黒木工吉のフィギュアスケートに関するブログです。最新の技術解説、選手の情報からフィギュアスケートというスポーツ全体まで様々な角度から論じてみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅田真央の革新⑮ 2009-2010FP『ラフマニノフ前奏曲Op3-2 鐘』 了







【前回のつづき】


そして今シーズンのFS『鐘』である。わたしは浅田真央に表情は不要と述べたが、それは浅田真央の表情づくりには、どこかしら不自然さがあったという点も否定できない。しかしそれも、全日本では気にならないそれどころか、すばらしいものになっている。そこにも凄みを感じた。

演技が始まると、あの可憐な19歳の少女が、わたしには死神のように見えた。そして、演技が終わればまた少女に戻って、ころころと笑う。浅田真央というのは、そういう不思議な、そして唯一無二の選手だ。

全日本の解説で八木沼純子さんが、「同じスパイラルでも、ショートはまた違う、非常に迫力のある表情とポジションと、良いですね」という発言をしていたが、これは浅田真央が技術でそういう迫力や凄みを表現できているということだ。

フィギュアスケートでは良く手拍子で選手の演技を後押しすることがあるが、この『鐘』では多分そういったことはできない。そういう曲ではない。フィギュアスケートの慣例に従えば、そういう面を「点数的に不利だ」という考えも出てくるだろう。実際、シーズン冒頭は、もっと演技を助けるような曲にしたほうがいいという意見も、よく聞かれた。

しかし、浅田真央というのはスケーティング、スピン、ステップ、ジャンプ、フットワーク、上半身の表現、全てにおいて、技術でそのメリハリを表現できる選手だ。

フィギュアスケートが技術的に向上していけば、このような流れになってくることは、浅田真央の『仮面舞踏会』そして『鐘』を見ると、想像することができる。つまり浅田真央は、5年後、10年後のフィギュアスケートの未来を切り開いている。

これがタラソワが浅田真央に託した野心であり、そして浅田真央はそれに対して全力で応えている。浅田真央は、演技中は「真央ちゃん」ではない。浅田真央は演技中は、音楽になっている、フィギュアスケートになっている。浅田真央というのは、本当にフィギュアスケートそのものだ、とわたしはよくおもう。世界中のファンもジャッジすらも、その価値を真に認識するのは、現在ではなく、もっと後のことになるだろう。えてして天才といいうのは時代を超越し、我々にその理想を示し続けるのだ。

【了】

↓ブログランキング参加中!ぽちぽちしてくれるとうれしいです。↓ 
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメント

日本マスコミのキムヨナ上げ報道

「韓国はなぜ反日か?」
http://peachy.xii.jp/korea/index.html

「国民が知らない反日の実態」

http://www35.atwiki.jp/kolia/

  • 2010/03/09(火) 09:08:02 |
  • URL |
  • yuki #-
  • [ 編集 ]

私も「鐘」は

最高のプログラムであると思っています。
特に、この方の「鐘」の解釈を読んでから、ますますそう思うようになりました。
http://blog.goo.ne.jp/risapiano/e/9d0ab0a13b2f6a905304bba839406502?st=0
技術だけでなく、表現力もズバ抜けています。

  • 2010/03/09(火) 15:31:14 |
  • URL |
  • 隆太 #Vikug56c
  • [ 編集 ]

初めまして

たいへん興味深く読ませていただきました。
浅田選手自身も、表現の仕方は人それぞれで自分は滑りで豪華さや力強さを表したい、と言っていました。
又、前に耳の不自由な方が
浅田選手の滑りから音楽が聴こえる、とコメントされてるのも見ました。
これからも今まで以上に楽しみな選手だと思っています。

  • 2010/03/10(水) 10:16:53 |
  • URL |
  • rink #-
  • [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2010/03/10(水) 23:41:12 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

曲を体現する技術。私も浅田の「鐘」にそれを見出した気がする。迫力と言うのだろうか。スケートを見ているのに、「鐘」の音楽が醸し出すその情景をイメージ出来た。教会の鐘の響き・稲妻・稲光・曇天・一筋の陽光・怒り・狂気・混乱・絶望・希望・歓喜・上昇・・・浅田の一挙手一投足が、全てを表現していく。私の中で「鐘」と浅田が完全に一致したのは、四大陸の演技だった。タラソワが彼女に課した真の芸術・技術をそこに見た。一遍のストーリーをあの短時間に凝縮させてしまう振付。浅田の優れたスケーティング。キムとは明らかに違う高度なプログラム。比較する方が間違っている。次元が違う。従来の浅田のイメージを払しょくさせてこそ、進化ではないだろうか。同じイメージを頑な守っていては、人間としての成長も見いだせない。タラソワの挑戦は間違っていなかった。又浅田もそんなタラソワに応えようと最大の努力を惜しまず、「鐘」を完成に近づけた。あの難解な楽曲に挑戦できる選手は、なかなかいないだろう。次回のプログラムが非常に楽しみだ。

  • 2010/03/17(水) 10:34:57 |
  • URL |
  • andy #zHAUYs2U
  • [ 編集 ]

ねえ、しってたあ?http://xianxian8181.blog73.fc2.com/blog-entry-1670.html

このブログよんで見てね

  • 2010/03/29(月) 03:13:28 |
  • URL |
  • 雪の結晶 #-
  • [ 編集 ]

どうか教えて

黒木さま
世界選手権のフリーの採点、どこをどうしたらキム・ヨナ選手の演技が一位(それも浅田真央のほぼ完璧の演技を上回る得点で)になるのか解説してください。あまりの露骨な不可解ジャッジに、私は目が点になってしまいました。

浅田真央天才

ニジンスキー、パブロバ、イサドラ ダンカン。伝説のダンサーと例え同時代に生きていたとしても、目にすることができる人は少なかったろうに、今の時代、後世に残るであろう浅田真央の演技を繰り返し見ることができる。この幸せを共に喜び合いたい。

  • 2010/04/02(金) 13:08:14 |
  • URL |
  • 滝澤 #-
  • [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2010/04/16(金) 22:10:31 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2012/11/03(土) 15:54:27 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kokichi0026.blog65.fc2.com/tb.php/38-86a5c0d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。